出産 お金がない

出産のためのお金がない時にはぜひキャッシングを

出産にはたくさんのお金がかかる

出産の際には病院に支払う費用だけでなく、ベビー用品の準備なども必要であり「出産まであと少しだけど病院に払うお金がない」という時にキャッシングはぜひおすすめです。
最近では出産費用だけでなく医療費は高くなる傾向にあり、キャッシングを利用する人が増えていると言われています。

 

一般的に一度の出産で準備したい費用は50万円程度です。
実際に出産をする女性がキャッシングを利用するのであれば、最近では「女性専用キャッシング」を行っている所が多く、金融機関の担当者も女性なので安心して利用できます。

 

お金を貸してもらえる金融機関と言えば銀行や消費者金融が思い浮かびますが、銀行は金利の低さ、消費者金融は融資までのスピードの速さがメリットです。

女性なら女性専用キャッシングがおすすめ

もし働いている女性であれば消費者金融を利用することで申し込んだその日にお金を貸してもらえる所が増えています。

 

一方で働いていない専業主婦の人は法律で消費者金融を利用できないと決められているため、銀行カードローンなどを利用しなければなりません。
ただし配偶者の同意があれば消費者金融でも利用できます。
消費者金融であれば主に1か月以内に返済できれば無利息というサービスを行っている所が増えており、返済できる目処があれば大変便利でおすすめです。

「出産のお金がない!」とならないために準備しておきたい金額

出産にかかる費用とは?

特に初めての出産を迎える人にとっては出産のための費用をいくら準備したらいいか分からないと思います。
まず妊娠中に定期検診の費用が最大で14回分程度が必要ですが、自治体によってほぼ無料になる所もあるようです。

 

更に妊婦さん用の服や下着などマタニティ費用で5万円程度、出産が近くなるとベビー服など赤ちゃんグッズ購入のための費用として10万円程度は必要です。
そして出産を迎え病院を退院する時、普通分娩は健康保険が適用されないため安くて30万円程度、これは病院の規模などによって変わり、最近では豪華な食事やエステなどがついた個人病院での出産は高くなる傾向にあるようです。
また帝王切開となると健康保険が適用されるため実際にかかった費用の3割の負担が必要です。

キャッシングでお金を借りておけば出産も安心

 

一方で国や都道府県から出産に関して「出産育児一時金」、働いている女性のための「出産手当金」、「高額療養費制度」など様々な補助金が準備されていますが、これらのお金は出産を終えてからもらえるものが多いので妊娠中に事前に調べておくことをおすすめします。
出産のためにできれば貯金をしておくことがベストですが、そうでなくてもキャッシングを利用することでお金は準備できますので安心してその日を迎えたいものです。